活動報告

ニュースレター05号 2016.11.30発行
2016年度後半の活動です。10月に釜石での植栽交流会、そして11月には新たなステージとなる地元の小学生(仙台市立岡田新浜小学校)との苗づくりがスタートしました!
News letter Vol.5.pdf
PDFファイル 1.2 MB
ニュースレター04号 2016.9.30発行
2015年度後半から2016年度前半の活動になります。2015年12月には釜石で植栽交流会を実施。2016年に入り、6月には仙台市の岡田新浜、8月には名取での植栽交流会。名取では昨年苗づくりを行なっている石狩中学校の代表生徒らとともに参加してきました。そして今年新たに始めた「震災×未来 ダイアログカフェ」と題して、震災後に活躍されている方々を北海道へ招き語っていただく会を開催しています!
News letter Vol.4.pdf
PDFファイル 802.9 KB
ニュースレター03号 2015.9.10発行
2015年度前半の活動です。5月北海道での播種、6月仙台新浜と7月名取閖上浜での植栽交流会。7月はそれまで育苗活動をしてきた石狩中学校代表生徒が北海道から参加しました!
News letter Vol.3.pdf
PDFファイル 905.6 KB

海岸きずなプロジェクトⅠ/2015.6.13

長らく報告をUPせず、申し訳ありません。2015年6月仙台海岸荒浜での活動の報告、EPO東北さんのサイトにありましたので、とりいそぎご報告に代えて紹介させていただきます。

海岸きずなプロジェクトⅠ/2015.6.13

ニュースレター02号 2015.1.1発行
2014年9月~11月の宮城での活動レポートです。
9月14日15日、北海道ほか各地から、そして地元仙台市などからの参加を得て、仙台市岡田新浜および荒浜において、初の植栽活動を行いました。また「里浜ネットワーク」のメンバーや名取市閖上から仮設住宅に入られていらっしゃる被災者の方、被災した仙台市岡田新浜町内会の方々らと交流しました。
また植栽後のモニタリング活動もしています。
Newsletter_02_150110_01_web.pdf
PDFファイル 300.9 KB
ニュースレター01号 2015.1.1発行
2014年8月の北海道での活動レポートです。
宮城から平吹喜彦教授(東北学院大学)、佐藤修事務局長(緑を守り育てる宮城県連絡会議)がいらっしゃって、石狩中学校の生徒や一般市民などと一緒に苗のPot上げ作業を行ない、海浜植物研究者の岡浩平先生(広島工業大学)も交えて、被災海岸の現況や講じるべき措置について講演されました。
Newsletter_01_150110_01_web.pdf
PDFファイル 358.4 KB

<苗の植え替えをしました>

宮城から平吹喜彦先生(東北学院大学教授)、佐藤修さん(緑を守り育てる宮城県連絡会議事務局長)、それから海浜植物生態の研究者の岡浩平先生(広島工業大学)が来られたので、一緒に植え替え作業を行いました。

 

8月6日 石狩中学校

8月7日 雪印種苗(株)

<タネ播きをしました>

2014年5~6月 北海道の協力団体等で、東北の被災地で採取した海浜植物のタネを播きました。

 

 

 

5月18日 手稲さと川探検隊

5月19日 いしかり海辺ファンクラブ、 石狩浜海浜植物保護センター

5月22日 雪印種苗(株)

5月25日 リバーネット21ながぬま

6月16日 石狩中学校

 

はまひるがおネット ニュースレター準備号(2014.6)
Newsletter_00_140627.pdf
PDFファイル 346.4 KB

ふるさとの海辺は生きている: ビーチクリーンアップとネイチャークルージング

 

東日本大震災で大きな打撃を受けた、ふるさと・宮城のうるわしい砂浜海岸。

その再生を支援すべく、「漂着した人工ゴミの撤去」と「自律的に回復しつつある砂

浜固有の生きものの観察」を行い、「自分にできる、ふるさとの海辺再生支援」につ

いて考えます。

 

実施日時: 2014 年6月13日(金)   9:00~15:00 (8:40集合)

活動場所: 仙台市宮城野区 岡田新浜・南蒲生海岸

参加者: 100名程度

参加費: 無料

 

 

主催: 緑を守り育てる宮城県連絡会議  南蒲生/砂浜海岸エコトーンモニタリングネットワーク  北の里浜 花のかけはしネットワーク

後援: 新浜復興の会  国土交通省東北地方整備局仙台河川国道事務所  仙台森林管

理署(予定) 宮城県(予定)  仙台市(予定)  (公)みやぎ・環境とくらし・ネットワーク 深沼・二の倉海岸復旧工事連絡協議会

 

この活動の一部は、公益財団法人自然保護助成基金第24期(2013年度)プロ・ナトゥーラ・ファンドの助成を受けた。